施設長のはなし ~職員会より~

約1年前、神奈川県にある施設で殺傷事件がありました。この犯罪を犯した犯人がどういう考えで、このような行為に至ったかを考えなければならないと思います。

 昔、合理主義が功利主義となり、優生思想にもつながりました。しかし人間そのものがどういうものから生まれてきたのかを考えると、地球が生まれ、水、生物誕生から長い年月を経て、人間につながっている、すばらしいことだと思います。人間だけでも、その人の祖先・親を経て、その人につながっており、その存続は尊重されなければなりません。日本国憲法でも生存権は保障され尊重されています。その人間の中に障害を持つ方が生まれてきます。そうした方々に人間らしく、過ごしてもらうための仕事が、プロとしての私たちの仕事です。法人の基本理念でも「人間尊重」を第一に掲げています。障害を持つ方が当たり前の生活を送るだけでなく、幸せになってもらうために、私は安心・安全・快適な支援を行うことを訴えています。障害を持つ方=利用者の幸福度を上げるために皆さんには頑張ってもらいたいと思います。

一覧へもどる
TOPへ